チラシ作りのポイントをご紹介|見てもらえる為にどうすればいいか

チラシ作成のコツ

チラシ作成のコツ

お客様に商売を知ってもらうためにポスティングを利用することが増えていますが、当然配布するチラシのも工夫を付けることで、効果を劇的に伸ばすことができるものです。

 

当然キャッチコピーも大切ですが、それに続く文章も重要な意味がります。チラシ作成のコツは文章の出来、不出来は反響の大きさを左右する重要のポイントです。

 

このことはホームページ作成も同じことが言えます。トップページではお客様の目を引く情報で興味を持ってもらいながら、さらに詳しく説明しているページへと誘導して、そこで説得するという流れになっています。

 

チラシとホームページの違いは、ホームページは検索することで閲覧することができるので、お客様が何らかの興味を持っていないとみてもらうことはできません。

 

ポスティングチラシの場合にはお客様がサービスに興味がなくても、目に触れる可能性がある問う部分です。

 

また、情報掲載料に関してはホームページの方が優れているのは、いうも出もありません。しかし、情報量が多いからと言って、成約、購買まで進むことができるとは限りません。

 

チラシ作成のコツは、お客様の目を引くことが第一関門です。その次にはサービスの良さを知ってもらい、説得することができなければ、ポスティングは全くの無駄に終わってしまうのです。

 

特徴が目立つチラシ

 

特徴が目立つチラシ

 

商売の特徴を一目でわかってもらえるようなチラシは、それだけでとても武器になります。

 

ポスティングチラシを見ただけで、「○○のチラシだ」とわかってもらえるようになると、おお客さんを誘導することが簡単になります。

 

しかし、ここまでのイメージを定着させるには、時間と労力が必要です。はじめのうちは回数を重ねて覚えてもらうしかないので、ポスティングチラシ「色・ロゴ・紙に特徴を持たせる」などの戦略がいいでしょう。

 

法則性のある特徴を織り込み続けることで、個性を出してオリジナリティーを出すといいでしょう。

 

そういわれても、具体的にどう動けばいいのかわかりにくいかもしれませんが、難しく考えずに、雰囲気が伝わればそれでいいのです。

 

お客さんがポスティングチラシを一目見ただけで、あなたのお店のチラシだとわかってもらえれば、まずは成功です。

 

ポスティングで性交しているところは、ほとんどがチラシに個性を持たせています。自社のイメージを固定化してポリシーとして持つことが必要です。

 

大きな企業を例に出して紹介すると、「ラッパと言えば正露丸。」などのように、あるアイテムと自社の商品をくっつけていますが、何度も何度も周知させ続けてきたおかげで、このイメージが定着しています。